メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
百聞百見とくしま

2016年記者回顧/1 過疎の町から学ぶ-海陽・神野地区 10年後見据え住民討論 /徳島

10年後に目標とするイメージを描き、取り組むべき課題を時系列に並べていくワークショップの参加者=徳島県海陽町神野で、蒲原明佳撮影

 街の夜空では見分けがつくオリオン座も、ここでは埋もれる。海陽町役場から車のライトの先に目を凝らし、山あいの神野地区にある集会所に着いた。高齢化が進む人口約120人の地区で、住民がこれから10年間に何をすべきか考えるワークショップに取り組んでいる。3回目の今月19日には、優先すべき課題の改善策に意見を出し合った。

 県の人口推計は今年11月、戦後初めて75万人を下回り、74万9944人となった。80万人を切ったの…

この記事は有料記事です。

残り606文字(全文813文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです