メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
余録

1913年12月22日、米紙ニューヨーク・アメリカンには…

[PR]

 1913年12月22日、米紙ニューヨーク・アメリカンには水につかった大勢の子どもたちが両手を上げた写真が掲載された。その記事はメキシコ当局が子どもらを銃で脅して水中に追いやり、射殺したというショッキングな出来事を報じていた▲やがて写真を撮影した英国人が名乗り出て、観光に行ったホンジュラスで水遊びをしていた子どもたちの写真だと説明する。捏造(ねつぞう)記事は米国をメキシコに介入させようとする新聞社主ハーストのキャンペーンの一環だった▲このハースト系新聞などを指すイエローペーパーは低俗なメディアの代名詞となった。部数増のためにくり返された扇情的なでっち上げ報道には、政治的たくらみも盛り込まれた。こう話をつなげれば、今日のネットの偽ニュースサイトを思い浮かべる方が多かろう▲驚いたのはネット上の偽ニュースを読んだパキスタンの国防相がイスラエルへの報復核攻撃をほのめかすツイートを投稿していたとの珍事である。当の虚報はイスラエルの国防相によるパキスタンへの核恫喝(かくどうかつ)を報じたものだが、まるで根も葉もないでっち上げだった▲イスラエル国防省による報道否定も、パキスタン国防相の軽率さへの非難や嘲(ちょう)笑(しょう)も、みなツイッターでなされたから万事当世風(とうせいふう)である。思えば米大統領選まで左右したという偽ニュースの横行だ。核戦争の脅しがいつもネット上の笑劇で終わってくれれば幸運だろう▲偏見や恐怖にとりいる虚報が正しい情報より拡散してしまうのは人の世の宿命なのか。ジャーナリズムはこの試練の時にあって自らの役割を果たせるのか。来年も自問をくり返さねばなるまい。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

    2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

    3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

    4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

    5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです