連載

そこが聞きたい

ニュースの最前線にいる当事者や識者にインタビュー。キーワード付きでわかりやすく。

連載一覧

そこが聞きたい

慰安婦問題 日韓合意1年 元アジア女性基金専務理事・和田春樹氏

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

残された差別意識の克服

 慰安婦問題を巡る日韓合意=1=から28日で1年を迎える。歴史的意味をどう考えるか。朴槿恵(パククネ)大統領が弾劾訴追された影響はどう出るのか。慰安婦問題とは何だったのか。アジア女性基金=2=の専務理事を務めた歴史学者、和田春樹氏(78)に聞く。【聞き手・岸俊光、写真・中村藍】

--合意をどう評価しますか。

 安倍晋三首相は朴大統領の要望に応え、解決を図ることはないのではないかという観測がありました。合意はみなを驚かせたわけです。私は最初、唐突な印象を持ちました。関係者の意見を聞いて出されたものではないし、首相同士ではなく、外相間の合意になっていました。これが待ち望んでいた回答か、と疑問を感じたのです。韓国が日本大使館前の少女像問題の解決に努力すると約束したことはある程度予想していましたが、韓国では強…

この記事は有料記事です。

残り2874文字(全文3238文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集