メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生き残りの模索

金正恩体制5年/上 不屈の美女ビジネス 制裁の中、外貨稼ぎ

河北省三河市に移転した北朝鮮レストラン「平壌大成山館」のPRチラシと広告

 北京中心部、東直門。30日開業に向け、あるレストランの内装工事が進む。中国と北朝鮮の共同経営で、従業員は北朝鮮女性。北朝鮮式外貨稼ぎの拠点、北朝鮮レストランがまた一つ誕生する。「30日」とは、金正恩(キムジョンウン)氏の権力継承が始まった記念日。北朝鮮側は朝鮮労働党傘下組織が取り仕切る。

 「『朝鮮姑娘(クーニャン)』(北朝鮮の女の子)はね、美貌だけじゃない。中国人より仕事がきめ細かい。スマホもプライバシーもない共同生活にも耐えてくれる。睡眠時間を削って歌を練習し、中国語を学ぶ。なのに人件費も高くない」

 中国側経営者が説明する。北朝鮮女性といえば、4月に浙江省のレストランから集団脱北した件が心に引っかかるが、それでも「朝鮮姑娘」は商売に欠かせない存在だ。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです