メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生き残りの模索

金正恩体制5年/上 不屈の美女ビジネス 制裁の中、外貨稼ぎ

河北省三河市に移転した北朝鮮レストラン「平壌大成山館」のPRチラシと広告

 北京中心部、東直門。30日開業に向け、あるレストランの内装工事が進む。中国と北朝鮮の共同経営で、従業員は北朝鮮女性。北朝鮮式外貨稼ぎの拠点、北朝鮮レストランがまた一つ誕生する。「30日」とは、金正恩(キムジョンウン)氏の権力継承が始まった記念日。北朝鮮側は朝鮮労働党傘下組織が取り仕切る。

 「『朝鮮姑娘(クーニャン)』(北朝鮮の女の子)はね、美貌だけじゃない。中国人より仕事がきめ細かい。スマホもプライバシーもない共同生活にも耐えてくれる。睡眠時間を削って歌を練習し、中国語を学ぶ。なのに人件費も高くない」

 中国側経営者が説明する。北朝鮮女性といえば、4月に浙江省のレストランから集団脱北した件が心に引っかかるが、それでも「朝鮮姑娘」は商売に欠かせない存在だ。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです