メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真珠湾慰霊

安倍首相「不戦の誓い」と「和解の力」

オバマ大統領、強固な日米同盟が「平和と繁栄の礎」に

 【ホノルル(米ハワイ州)田所柳子、西田進一郎】安倍晋三首相は27日午前(日本時間28日午前)、オバマ米大統領とともに日米開戦の地であるハワイの真珠湾(パールハーバー)を訪れ、戦没者を慰霊した。両首脳はこの後、真珠湾に面した埠頭(ふとう)に移動し、真珠湾攻撃を生き延びた米退役軍人らを前に並んで演説。首相は不戦の誓いを表明し、敵国から緊密な同盟国への発展を可能とした「和解の力」の意義を強調した。

 安倍首相は、旧日本軍の攻撃で沈没した戦艦アリゾナの上に建つアリゾナ記念館を日本の現職首相として初めて訪問。オバマ氏とともに、戦死した米兵らの名前が刻まれた大理石の壁に向かって献花し、黙とうした。さらに、死亡した乗組員1177人のうち多くの遺体がいまだに残る海中の戦艦に向け、鎮魂の祈りを込めて花びらをまいた。

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1031文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. トランプ氏「感染者が日本から帰国、聞いてない」 高官に当たり散らす 米紙報道

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです