メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

処分、極めて不当…三浦九段・会見一問一答

将棋ソフト不正使用疑惑について記者会見する三浦弘行九段=東京都新宿区で2016年12月27日午後4時7分、丸山博撮影

 対局中に将棋ソフトを使用した疑惑が持たれて約3カ月の出場停止処分を受けたものの、日本将棋連盟が委嘱した第三者委員会(委員長・但木敬一弁護士)の調査報告書で「不正行為をしたと認めるに足る証拠はなかった」との結果が出た将棋棋士・三浦弘行九段は27日、師匠の西村一義九段と代理人の横張清威(よこはり・きよたけ)弁護士とともに東京都内で記者会見を開いた。会見の主な一問一答は以下の通り。【大村健一/デジタル報道センター】

 三浦九段 まず年末でお忙しい中、お集まりいただき、また、お騒がせして申し訳ありません。私の潔白を信じて応援してくださった方もたくさんいます。その方々にご心配をお掛けしたことを本当に申し訳なく思っています。

この記事は有料記事です。

残り4520文字(全文4830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです