メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

漫画で解説

鶏ってどんな動物?の巻

「酉」はニワトリとは無関係! 人間との関わりは5000年以上

[PR]

今年の干支(えと)はトリ…。 でも、「ニワトリだ」と思っている方はいませんか? 正確に言うと、酉(とり)です。 元は酒を盛る器を表す象形文字で、ニワトリとは無関係です。 なぜ鶏を指すようになったのかはよく分かっていません。 鶏の祖先は東南アジアに今もすむ「赤色野鶏」と言われています。 約5000年前には南アジアで家畜化され、朝の訪れを告げる役を担ってきました。 それだけ身近な動物ということですから、十二支に入ったのは納得ですね。
でも、鶏はどうして朝鳴くのでしょうか? 大きな声で鳴くのは雄だけです。 活動のピークの朝に一番先に鳴いて、他の雄に自分の強さを示しているのです。 欧州では「闇夜の悪魔を追い払うもの」として、おんどりの形を屋根に乗せました。 東洋でも村の門に鳥をかたどったものを置いたといい、これが「鳥居」の起源だと考えられています。 ちなみに言語によって鳴き声の表現もいろいろです。 コカドゥードゥルドゥー(英語) キキリキ(スペイン語) キケリキー(ドイツ語) ココリコ(フランス語) コッキヨー(韓国・朝鮮語)など… 鶏は、日本には弥生時代前期ごろに渡来しましたが、明治になるまでは闘鶏で吉凶を占ったり、鳴き声を鑑賞したりするためのものでした。
つまり、鶏の卵や肉を食べる歴史は浅いということです。 採卵用の鶏は品種改良されていて、1年に300個以上産みます。 めんどりは、生まれて20週くらいで交尾しなくても卵を産み始めます。 卵の養鶏場にいるのは雌だけなのです。 普通に売られている卵は無精卵なので、温めてもヒヨコにはなりません。 一方、肉用鶏にはふ化後、約60日で出荷できるよう改良された「ブロイラー」。 この他、日本在来種の遺伝子が50%以上、基本的に平飼いで80日以上飼育するなどの基準を満たした「地鶏」があります。 名古屋コーチンや比内地鶏などがそうですね。
では、鶏肉の部位を解説しましょう。 ▽手羽先  ゼラチン質や脂肪分が豊富。空揚げやスープに。 ▽手羽元  軟らかく脂肪分が少ない。煮込みや空揚げに。 ▽もも  脂肪が多くコクがある。空揚げや照り焼きに。 ▽きも(肝臓)、ハツ(心臓)、砂肝(胃)  独特の食感。焼き鳥の定番。 ▽ささみ  低脂肪高たんぱく。蒸し物やサラダに。 ▽むね  脂肪が少なく淡白。どんな調理法でも。 どれもおいしいですよね。さて、主人公の三好善蔵さんは…。 善蔵「2017年とかけて三好善蔵ととく…」 そのココロは! 善蔵「千の鶴と共に大きく羽ばたくでしょう!」 トリ年だけに、というオチだそうで。 しかし、千鶴の父親・文太さんと肉屋のミート牛島はぴきっとキレそうですね…。

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帝国劇場が4公演中止 従業員が新型コロナ感染

  2. 名古屋の飲食店、新たに4人感染 クラスターの可能性、市検査 新型コロナ

  3. 新型コロナ 「ぜひ旅行なさって」 「GoTo」に横浜市長 /神奈川

  4. 「今、藤井聡太の将棋が面白い」 中原誠十六世名人が見る新棋聖

  5. ORICON NEWS 欅坂46、5年の活動に幕 “再改名” で再出発「相当な茨の道が待っていると思います」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです