メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白鳥

今年も印西に 四半世紀見る人和ませ /千葉

 印西市笠神に今年も白鳥が飛来した。「白鳥の郷」と呼ばれている水の張られた田んぼで、真っ白なコハクチョウや灰色がかったひな鳥約600羽がオナガガモと一緒に泳ぎ、見る人を和ませている。

 合併前の本埜(もとの)村だった1992年、地元の鳥獣保護員だった出山光男さんが6羽を見つけ、餌をやったところ毎年来る…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです