メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

浜松工、猛攻で59点 後半一気に7トライ /静岡

【浜松工-米子工】前半、混戦からタックルをかわし突進する浜松工CTB石井優希選手=東大阪市花園ラグビー場で、兵藤公治撮影

 東大阪市花園ラグビー場で開かれている第96回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)は28日、県代表の浜松工(3年ぶり5回目)が登場。11トライを奪う猛攻で米子工(鳥取)に快勝し、初戦突破を果たした。2回戦は30日午前9時半、大会屈指の有力校、東福岡(福岡)と対戦する。【竹田直人】

 「今日はフルモーションラグビーではなく、スローモーションラグビーでしたね」。59点を奪い、相手を0トライに封じた“完勝”にも、試合後の吉本敬監督の表情は、硬いままだった。

この記事は有料記事です。

残り1102文字(全文1340文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  3. 脱走17日目、サーバルキャットを捕獲 飼育の家から約1キロ 静岡

  4. 姫路の24歳女性刺殺 容疑で36歳知人男性逮捕 生前に暴力、警察に相談

  5. 特集ワイド 新型コロナ、都内感染再拡大の危機 今が踏ん張りどころ 東京都医師会・尾崎治夫会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです