メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

重力波の初観測、もんじゅ廃炉決定…今年相次いだ科学の重大ニュース

 重力波の初観測、113番元素「ニホニウム」命名、高速増殖原型炉「もんじゅ」の廃炉決定、熊本地震、日本人のノーベル医学生理学賞受賞--と、今年も科学の重大ニュースが相次いだ。この1年のトピックスを振り返る。【阿部周一、酒造唯、飯田和樹】

 ●ニホニウム命名

 今年最初に世界を驚かせたのは、米国を中心とした国際研究チーム「LIGO」が2月に発表した重力波の直接観測だ。アインシュタインが一般相対性理論に基づいて100年前に予言しながら、微小な現象のため観測できていなかった。日本でも、東京大宇宙線研究所などが大型低温重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」(岐阜県飛騨市)で検出を目指している。

 113番元素が「ニホニウム」と名付けられたことも話題になった。理化学研究所の森田浩介グループディレクターらが初めて113番を合成し、国際機関から命名権を与えられた。11月に正式決定し、日本生まれの元素が初めて元素周期表に載った。

この記事は有料記事です。

残り947文字(全文1355文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです