対台湾窓口

名称変更「日本台湾交流協会」に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【台北・鈴木玲子】日本の対台湾窓口機関「交流協会」は28日、来年1月1日から名称を「日本台湾交流協会」に変更すると発表した。名称を明確化することで、日台関係の強化をアピールする狙いがありそうだ。

 協会は1972年の日台断交に伴い、日台間の実務関係維持のため設立。事実上、日本大使館の機能を担ってきた…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

注目の特集