メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
糸魚川大火1週間

生活再建急ぐ 住民、再開発に不安も

全国から届いた支援物資を整理する市職員ら=新潟県糸魚川市で2016年12月28日午前10時5分、南茂芽育撮影

 144棟を焼いた新潟県糸魚川市の大火は、29日で発生から1週間を迎える。がれきの撤去が進むほか、全国から支援物資が届くなど、被災者の生活再建へ向けて動き出している。しかし、被災者からは再開発への不安の声も出ている。【浅見茂晴、南茂芽育】

 市は被災地の復旧・復興に向け、27、28日に住民説明会を開催。被災した住宅や店舗などのがれき撤去について、市が代わりに処理し、費用の8割を負担することなどの生活支援策を説明した。

 2日間で延べ133世帯245人が参加。同居する祖父(92)の代わりに出席した小竹聡さん(40)は「…

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1424文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです