メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2017年「旬の人」

角田千佳さん(31) 経営と生け花、大胆にかつ繊細に

生け花に向き合う。この日は約2時間半にわたり集中した。「無心になるのが楽しい。仕事のことを考えずに無心になることって、ないじゃないですか」=東京都中央区で、根岸基弘撮影

 2017年、日本と世界で活躍が期待されている「旬の人」たちは、広く知られているオンステージの顔以外に、もうひとつの顔を併せ持っている。オフの活動が単なる趣味にとどまらず、免許皆伝の域に達している人も多い。道が一本しかないと思い込み、ただ突き進んでいては見えないものがある。ONとOFFを切り替えながら、豊かに生きる方法を見つけたい。

 家事代行などをインターネットで仲介するIT企業「エニタイムズ」の若き創業者として活躍中の角田千佳さん(31)。掃除や洗濯、買い物といった日常の用事を頼みたい人と、それを請け負う人をつなぐサービスを展開。シェアリングエコノミー(共有型経済)の企業としても注目されている。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです