メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

浜松工、きょう東福岡戦 仲間信じ、大けが克服 1回戦で大車輪の活躍 ロック・匂坂伊吹選手 /静岡

1回戦で大車輪の活躍を見せた浜松工のロック、匂坂伊吹選手(左)=大阪府の東大阪市花園ラグビー場で

 東大阪市花園ラグビー場で開かれている第96回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)に、県代表として出場している浜松工のロック、匂坂(さぎさか)伊吹選手(3年)は「仲間のために体を張る」と闘志を燃やしている。28日の1回戦では骨惜しみなく走り回ったプレー。「仲間に恩返しをしなければ」という思いがあふれていた。

 吉本敬監督(33)が「うちでナンバーワンの突破力」と評する実力者。NO8の大塚滉生主将(3年)も「パワーがあって頼りになる。それに人間的にもいいやつです」と話す。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです