メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春日大社

名刀3本新たに確認 国宝殿で一般公開 奈良 /奈良

新たに確認された延寿国吉作の太刀(左)=奈良市の春日大社国宝殿で、日向梓撮影

 奈良市の春日大社は29日、鎌倉後期の刀工・延寿国吉(えんじゅくによし)作の太刀や、平安末期から鎌倉初期の古備前派の名刀を新たに確認したと発表した。来年3月27日まで、国宝殿で一般公開している。

 春日大社では1939(昭和14)年、宝庫の天井裏から、さやが黒漆塗りの太刀9本が見つかった。今年、刀身がさびついていた3本を東京国立博物館と協力し調査。その結果、1本は室…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです