メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

の・ボール

年末拡大版 過重労働は電通だけか 松山ではパワハラ、訴訟が和解 /愛媛

 上司に頬をたたかれたり、眼鏡や携帯電話を壊されたり、「頭を冷やしてこい」と秋の夜の冷たい海に入らされたり。さらに引っ越し作業を手伝わされたり、仕事上で整理ができていないとして「訓練」で「電話帳から飲食店を100件抜き出し、整理する」ことを命じられたり。

 松山市のネットワーク技術会社の男性従業員(当時50代)が出勤直後に倒れ、2014年2月に急性循環不全で亡くなった。遺族らは長時間労働や上司のパワハラが原因として、慰謝料など約5889万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴。今年10月、同社が4700万円を支払うことで和解が成立した。

 裁判で遺族側は心身の健康を損なう恐れがある長時間労働や休日出勤に、上司の限度を超えた叱責や暴言、暴…

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文827文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  3. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  4. 四国から東日本、23日にかけて大雨の恐れ 台風20号接近 警戒呼び掛け

  5. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです