メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

諫早のハヤブサ、高病原性と確認 /長崎

 諫早市で22日に発見された野生のハヤブサの死骸について、県は28日夜、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(H5N6型)が検出されたと発表した。県内での感染確認は2011年2月以来。

 諫早湾干拓堤防北部排水門付近で見つかり、簡易検査で陽性反応が出たため鳥取大で確定検査をした。熊本県などの養鶏場で確認…

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文209文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 小池都知事「不要不急の他県への移動は控えて」 3日連続で感染者100人超

  4. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです