米国務長官

イスラエルを酷評 入植「背景に過激派」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ユダヤ人の入植が増加するヨルダン川西岸地区など
ユダヤ人の入植が増加するヨルダン川西岸地区など

 【エルサレム大治朋子】ケリー米国務長官は28日、イスラエルとパレスチナの和平問題についてワシントンで演説した。国連安全保障理事会が23日に採択した対イスラエル非難決議で、米国は、これまでのように拒否権を発動せず、決議採択を容認した。ケリー氏はその理由について、イスラエルが、国際法に反して占領地での入植(住宅)地建設を拡大させていることへの警告だとの認識を示した。

 70分におよぶ厳しい口調での演説の大半は、イスラエル批判だった。米主要閣僚が、同盟関係にあるイスラエルを公然と酷評するのは極めて異例だ。

この記事は有料記事です。

残り893文字(全文1145文字)

あわせて読みたい

注目の特集