メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

矢野貴章、5年ぶりに新潟復帰!「新潟との縁を感じずにはいられません」

情報提供:サッカーキング

5年ぶりの新潟復帰が決まったDF矢野貴章 [写真]=Kaz Photography/Getty Images
 アルビレックス新潟は30日、名古屋グランパスよりDF矢野貴章の完全移籍加入が決まったと発表した。同選手は2012年以来の新潟復帰となる。

 矢野は1984年4月5日生まれの32歳。浜名高校から2003年に柏レイソルに加入してプロキャリアをスタートさせた。2006年に新潟に完全移籍し、主力として活躍。FIFAワールドカップ 南アフリカ 2010を戦う日本代表メンバーにも選出され、グループリーグで1試合に出場した。同大会終了後にはフライブルク(ドイツ)へ完全移籍。念願の海外挑戦を果たした。しかしポジションを奪うには至らず、2012年に完全移籍で新潟に復帰。2013年からは名古屋グランパスでプレーしていた。なお、プロ入りから今季まで同選手はFW登録だったが、2014年途中からは右サイドバックでの起用が主となっている。今季は明治安田生命J1リーグで31試合に出場して2得点。通算ではJ1で335試合出場44得点の成績を残している。日本代表では国際Aマッチ通算19試合出場2得点。

 5年ぶりの新潟復帰が決まった矢野は、同クラブの公式HPでファン・サポーターにメッセージを送っている。

「また大好きなアルビレックス新潟の一員としてプレーする機会を与えていただき、本当に感謝しています。新潟との縁を感じずにはいられません。勝利のために泥臭くあきらめないプレーをし、皆さんと一緒に闘います。応援よろしくお願いします」

 また、同選手は4年間在籍した名古屋の公式HPでもファン・サポーターに感謝のコメントを発表した。

「名古屋グランパスのファン・サポーター、パートナー、チームメイト、スタッフと 多くの皆さま4年間本当にお世話になりました。名古屋という街が好きになりました。名古屋のファン・サポーターの皆さんが大好きになりました。そして、名古屋グランパスの一員として誇りを持って4年間闘うことが出来ました。多くの方々に支えて頂き、今の僕があると感じています。心から感謝申し上げます。今シーズンをもって名古屋を去ることになりましたが、クラブには感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました」


【関連記事】
【インタビュー】家入レオ 高校選手権応援歌『それぞれの明日へ』に込めた想い
●積極補強の鹿島、新潟のレオ・シルバを獲得!「たくさんのタイトルを残したい」
●C・ロナウドにも中国からオファー 提示額は200億円超もレアルが拒否
●川崎主将・中村、“夢舞台”元日で「必ず勝ってチャンピオンに」
●リヴァプール、MFチェンバレンの獲得検討か…アーセナルで定位置掴めず

情報提供:サッカーキング

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都内で新たに212人感染確認 3日ぶり200人超え 新型コロナ

  2. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです