メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

仙台育英、猛追及ばず 2点差でノーサイド /宮城

【中部大春日丘-仙台育英】前半、仙台育英NO8小林宥選手がタックルをものともせず前進する=東大阪市花園ラグビー場で、平川義之撮影

 最後まで諦めない自分たちのラグビーを貫いた--。第96回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高体連など主催)の2回戦が30日、東大阪市花園ラグビー場であり、県代表の仙台育英は中部大春日丘(愛知)に22-24で敗れた。仙台育英は後半、一時14点差をつけられたが、連続トライを奪うなどして、シード校の中部大春日丘を追い詰めた。ノーサイドの笛が鳴るまでトライを目指して攻め続けた選手たちに、スタンドから惜しみない拍手が送られた。【真田祐里】

 序盤は一進一退の攻防が続く。試合が動いたのは前半13分。スクラムから展開され、右サイドに先制のトラ…

この記事は有料記事です。

残り1290文字(全文1574文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

  2. ORICON NEWS “二代目磯山さやか”元AKB48・大和田南那、初写真集は「100点!」

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです