メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山田孝雄文庫

次世代への財産に 孫の貞雄さん講演会 富山市立図書館 /富山

祖父、山田孝雄博士の蔵書の重要性を語る山田貞雄さん=富山市西町の市立図書館本館で、青山郁子撮影

 富山市出身の国語学者、山田孝雄(よしお)博士(1875~1958)の蔵書約1万8000冊を「山田孝雄文庫」として一般公開している富山市立図書館本館(同市西町)で、博士の孫で国立国語研究所研究情報発信センター専門職員、山田貞雄さん(57)=東京都在住=の講演会が今月、開かれた。

 山田博士は、県内外の小中学校の教員をしながら独学で国語学、国文学を研究し、1902年に「日本文法論」を刊行。日大、東北大などの教授を歴任し57年、文化勲章を受章した。

 富山市は96年に遺族から蔵書の寄贈を受けて99年に山田孝雄文庫を開設。貴重な和装本や自筆の原稿など…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  4. 話題 百田尚樹さんの「日本国紀」批判で出版中止 作家が幻冬舎を批判
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです