メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

浜松工、最後まで果敢に 3回戦進めず 「王者」の力痛感 /静岡

【東福岡-浜松工】前半、ボールを激しく奪い合う浜松工の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で、須賀川理撮影

 東大阪市花園ラグビー場で開かれている第96回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会など主催)は30日、県代表の浜松工が東福岡(福岡)と対戦。フィフティーンは優勝5回の名門校を相手に果敢なタックルを繰り返したが猛攻を食い止められず、0-139で敗退。初の3回戦進出はかなわなかったが、スタンドの応援団は「よくやったぞー」と歓声と拍手を送り、健闘をたたえた。【竹田直人】

この記事は有料記事です。

残り1134文字(全文1324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです