メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

干支の動物園

十二支にちなむ、本物の動物展示 天満屋倉敷店 /岡山

写真撮影会でハリスホークを腕に止まらせてもらう親子=岡山県倉敷市阿知1の天満屋倉敷店で、小林一彦撮影

 十二支にちなむ動物を全て生きたまま展示する「干支(えと)の動物園」が倉敷市阿知1の天満屋倉敷店で開かれている。

 今年の申(さる)はリスザルを、来年の酉(とり)はセキセイインコやシロフクロウなど4種を紹介。トラやイノシシ、牛(ホルスタイン)の子などもガラス越しに見ることができる。リスザルのエサやり体…

この記事は有料記事です。

残り161文字(全文311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです