メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

百聞百見とくしま

2016年記者回顧/4 昭和南海地震から70年 住民主体の防災対策を /徳島

津波による浸水区域にある牟岐町役場(中央)=徳島県牟岐町中村で=河村諒撮影

 昭和南海地震から70年を迎えた今年。4月には大きな被害をもたらした熊本地震が起き、10月にも鳥取県中部を震源とした地震があって、防災について考える機会が多い年だった。県内では巨大地震を想定した訓練が頻繁に実施され、防災意識を高めようと取り組みが続く一方、財政難で対策が進まない自治体もある。

 津波が起きた場合の避難計画を取材するため、牟岐町を今月訪れた。港の目の前にある町役場は津波の浸水区域にありながら、地震や津波が発生すれば災害対策本部が設置される予定だ。財政難に加え、適切な場所もなく、移転に向けた動きは具体化していない。「災害が起きた際に行政として対応できるだろうか」と感じた。

 大きな災害が起きれば、市役所や町村役場の建物は無事だったとしても、行政の力だけでは十分に対応できな…

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです