メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住みたい田舎

1位は鳥取 支援策やアクセスの良さ評価

深沢義彦市長(右)に記念盾を贈る柳順一編集長

 宝島社(東京都)が発行する月刊誌「田舎暮らしの本」の2017年2月号で同年版の「『住みたい田舎』ベストランキング」が発表され、鳥取市が総合部門で1位(昨年9位)に選ばれた。移住政策や公共交通機関などへのアクセスの良さが評価されたという。深沢義彦市長は「一層のPRに努めたい」と話している。【李英浩】

 ランキングは5回目。全国500市町村から回答を得た、移住者に関するアンケートを基に算出した。「移住の相談窓口がある」「地震に強い地盤である」「コンビニがある」など、自治体の移住政策や住みやすさに関する82の項目で…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  2. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  3. 関西大も「まずは一安心」 容疑者逮捕でほとんどの学校は通常通り朝から授業 拳銃強奪
  4. 「奪われにくい新型ホルスター」行き渡らず…旧式を着用 交番襲撃
  5. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです