メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
紅白歌合戦

強まるバラエティー色、狙いは視聴率回復?

紅白視聴率の推移

 大みそかに放送される第67回NHK紅白歌合戦。昨年は8年ぶりに、1、2部ともに視聴率が30%台にとどまった(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。今年は、目玉のSMAP出演はかなわなかったが、バラエティー色をさらに強めて人気回復を図る構えだが、成否はいかに--。

 30日、会場となる東京都渋谷区のNHKホールでリハーサルがあり、出場歌手が取材に応じた。東京都庁前から中継で出場するTOKIOの国分太一さん(42)は「NHKホールでは見せられないようなパフォーマンスとエンターテインメント性を見せられると思う」と自信を見せた。

 出場歌手は全46組。矢島良チーフプロデューサーは選考基準を「今年の活躍、世論の支持、番組の企画演出…

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文806文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 「NHKと契約したら受信料は義務」政府が答弁書 スクランブル放送には否定的見解

  5. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです