精神保健指定医

90人以上、医業停止へ 資格不正で処分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

厚労省、期間は1~2カ月の見通し

 厚生労働省は、精神保健指定医の資格の不正取得について、2016年に資格取り消しとなった医師89人に行政処分を科すことを決めた。大半は診療行為を禁じる「医業停止」となる可能性が高い。取り消し前に資格を返上した医師6人も対象となる見通しで、90人以上の精神科医が医療行為をできなくなれば、地域医療に影響が出る恐れもある。

 厚労省は対象者の弁明を聞く手続きを始めており、来年3月にも医師の処分を決める医道審議会に諮る。医業停止期間は1~2カ月になる見通しだ。

この記事は有料記事です。

残り447文字(全文690文字)

あわせて読みたい

注目の特集