メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食べ飲み食らう

新東京食紀行/1 都心に広がる農ライフ 地産地消、挑戦始まる(その1) /東京

ビルが建ち並ぶライブハウスの屋上の畑で笑顔を見せる「weekend farmers」のメンバーたち。中央が小倉さん=渋谷区道玄坂2で

 食料自給率わずか1%にもかかわらず、国内外の多様な食材が集まる美食のまち東京。大量の食品ロスが課題となる一方で、高値で買い占めた最高級の食材が高級スーパーや飲食店で日常的に提供されている。そんな蕩尽(とうじん)を続ける都心のビル街や、戸建てとマンションの建ち並ぶ郊外で、新たな食のあり方を探る人々の地道な挑戦が始まっている。豊かさとともにゆがみも生み続ける東京の食事情。その新しいドラマを紹介する。【森健太郎】

この記事は有料記事です。

残り2049文字(全文2255文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  2. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪
  3. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  4. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  5. 吉本・岡本社長一問一答(1) 「つらい思いさせた、耳かたむけたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです