メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中角栄・光と影

/1 三国峠を越えて 貫き続けた郷土愛(その2止) /新潟

インタビューで角栄氏の思い出を語る真紀子氏=長岡市千秋2の越後交通本社で、南茂芽育撮影

老若男女問わず人気、関連本 ジュンク堂

 2016年、にわかに湧き起こった「田中角栄ブーム」。没後20年以上がたった今、なぜ角栄氏なのか--。

 「関連本の新刊は今でも月平均6、7冊出ている。ここまで爆発的に売れるのは珍しい」。年の瀬となる12月上旬、ジュンク堂書店新潟店(新潟市中央区)の社会科学書担当の店員・加藤百合子さんは、驚きを隠さなかった。

 金権政治を批判し、政敵だった石原慎太郎元東京都知事が書いた角栄氏の自伝的小説「天才」の発行部数は9…

この記事は有料記事です。

残り1974文字(全文2197文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです