メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

家族の物語

仮設住宅/1(その1) 夢はみんなで観光牧場、被災で目標明確に 熊本市南区の斉木さん一家 /熊本

久しぶりに家族7人がそろった夕食。この日のメニューはハヤシライスとかき玉汁。斉木さん一家は笑顔があふれる

 寒風の吹く中、熊本市南区城南町舞原の斉木牧場で、中学3年の斉木義桐(よしと)さん(15)の姿を祖父義次さん(63)が頼もしそうに見つめていた。

 同町の義次さんや父義道さん(35)の自宅は地震で全壊したものの、義次さんの自宅に隣接する牛舎は無事で、牛にもけがはなかった。地震後、義桐さんは酪農家になる決意を固め、子供5人を持つ大家族、義道さん一家は「観光牧場の家族経営」という夢に向かって動き始めた。

 熊本市南区城南町の舞原仮設団地の3Kに暮らす斉木さん一家は7人。義道さん、妻洋子さん(36)、長男…

この記事は有料記事です。

残り1833文字(全文2083文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです