メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベビースターラーメン

創業者の「もったいない」で誕生

できたてのベビースターラーメンが香ばしい香りと共に機械から出てくる=三重県津市のおやつカンパニー久居工場で、山本萌撮影

 菓子の祭典「第27回全国菓子大博覧会・三重」(お伊勢さん菓子博2017)が4~5月、三重県伊勢市の県営サンアリーナを主会場に開かれる。日本書紀に心満たされる地との意味も込めて「美(うま)し国」と残る三重は、伊勢参宮街道の茶店から菓子文化も発展してきた。県内初、東海地方でも40年ぶりの開催となる菓子博を前に、三重が生んだ「美し菓子」と菓子作りに情熱を注いできた人たちのドラマを紹介する。

 年間約2億袋を売り上げる、「おやつカンパニー」(津市)の看板商品「ベビースターラーメン」は「もったいない精神」から生まれた。即席麺製造を主力事業とした前身の松田産業の創業者が、加工時に出る麺の「かけら」に注目したことがきっかけだった。

この記事は有料記事です。

残り1015文字(全文1327文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

  2. オリックス・竹安が新型コロナ陽性 1軍の活動には影響なし

  3. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  4. 大相撲の元小結豊山が死去 72歳 先代湊親方

  5. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです