メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

三浦九段、地元のイベントに出演 ファンから拍手

「第13回YAMADAこども将棋大会」の開会式にサプライズ出演し、ファンにあいさつする三浦弘行九段=高崎市栄町のヤマダ電機LABI1高崎で2017年1月3日、尾崎修二撮影

 コンピューターソフトによる不正疑惑を指摘され、後に「証拠は認められない」とされた将棋の三浦弘行九段(42)=群馬県高崎市出身=が3日、同市内の将棋イベントに出演した。昨年10月に一連の騒動が持ち上がって以来、ファンの前に姿を見せるのは初めて。“サプライズ出演”に、集まった小中学生や保護者から大きな拍手がわいた。

 イベントは、日本将棋連盟が主催し、ヤマダ電機(本社・高崎市)が特別協賛する「YAMADAこども将棋大会」。地元出身の三浦九段は毎年出席している。

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文613文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 大阪・なんばのビル屋上で火災 朝の繁華街、一時騒然

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです