メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
サウジ・イラン

断交1年 覇権争い、出口見えず

サウジアラビアとイランの対立の構図と主な代理戦争

 【カイロ秋山信一、テヘラン田中龍士】イスラム教スンニ派の大国サウジアラビアと、シーア派の盟主を自任するイランが国交を断絶して3日で1年となる。中東地域の覇権を争う両国。イランが周辺国を巻き込んでサウジ包囲網の構築を図ろうとするなど、対立は深まる一方だ。今後は、トランプ次期米政権がどの程度、中東情勢に関与するかが焦点の一つとなりそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1679文字(全文1848文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  5. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです