メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田中角栄・光と影

/2 元塩沢町越山会会長の高野さん 除雪で暮らし一変 「豪雪地帯の苦悩、改善した人」 /新潟

越山会の会員証や衆院選時の講演会案内ビラの写しを懐かしむ高野さん=南魚沼市で

 「これからは東京から地方に人が来るようになる。地方は必ず良くなるぞ」。旧塩沢町(現南魚沼市)の「塩沢町越山会(えつざんかい)」の会長を務めた高野信義さん(84)は、田中角栄元首相がよく口にしていた言葉を、今でもはっきりと覚えている。

 選挙区内に最大10万人近い会員を抱えた角栄氏の後援会組織「越山会」。会員同士は「鉄の結束」とも呼ばれる固い絆で結ばれ、地元の陳情活動や、選挙時の集票活動の中心となっていた。高野さんは「田中先生は地元を大切にする温かい人だったね」と往時を懐かしむ。

 塩沢町周辺は、冬になると数メートルの積雪がある豪雪地帯。町西部の山沿いに点在する各集落をつなぐ町村…

この記事は有料記事です。

残り1111文字(全文1402文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです