メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2017 座談会(その1) 米大統領選、メディアの課題

[開かれた新聞委員会」に臨む(右から)鈴木秀美氏、荻上チキ氏、池上彰氏、吉永みち子氏=東京都千代田区で

 アメリカの第45代大統領に20日、トランプ氏が就任します。昨年11月の大統領選では、ほとんどの米メディアが結果を読み誤りました。多くのメディアが支持を表明したクリントン氏が敗れ、「なぜ自分たちは有権者の声をくみ取れなかったのか」を問う声がメディアの中からあがっています。就任後は、ツイッターなどで直接国民に語りかけるトランプ氏の手法に、メディアがどう向き合うかも課題になります。憲法との整合性など論点が多い「天皇退位」報道と併せ「開かれた新聞委員会」の4人の委員から2017年のメディアの課題について意見をうかがいました。【司会は尾崎敦「開かれた新聞委員会」事務局長、写真は藤井太郎】

この記事は有料記事です。

残り3722文字(全文4015文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  2. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い
  3. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  4. 「再開要請」聞き入れず、都が認定 病院を指導へ 透析中止女性死亡
  5. 不正受給 事業所指定、取り消しへ 県 /熊本

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです