メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アメリカンフットボール

ライスボウル 富士通、2年ぶりV

【富士通-関学大】第2クオーター、富士通QBキャメロンから51ヤードのパスを受け、タッチダウンを決めるWR中村(左)=竹内紀臣撮影

 アメリカンフットボール日本選手権「第70回ライスボウル」は3日、東京ドームで行われ、社会人代表の富士通が30-13で学生代表の関学大に完勝し、2年ぶり2回目の優勝を果たした。通算成績は社会人の22勝12敗で社会人が8連勝。最優秀選手(ポール・ラッシュ杯)には3TDパスを決めた富士通のQBコービー・キャメロンが選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り1170文字(全文1331文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです