養子縁組

10~17歳の9割「養親の愛情を感じている」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

7割は自己肯定感高く 専門家、家庭で育つことの重要性指摘

 生みの親でなく養子縁組した親と暮らす10~17歳の7割は自己肯定感が高く、9割は親の愛情を感じているとの意識調査結果を、日本財団がまとめた。国が全国の中学3年に実施した調査結果よりそれぞれ割合は高く、専門家は児童養護施設でなく家庭で育つことの重要性を指摘する。

 民間の2団体のあっせんで養子縁組した263世帯に昨年8~9月に調査し、10歳以上の子を対象とした質問には89人が答えた。2団体は養親に対し、子に養子縁組であることの告知を促している。

この記事は有料記事です。

残り427文字(全文678文字)

あわせて読みたい

注目の特集