メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

しあわせのトンボ

ヒトが問われていること=近藤勝重

 ひっそりとした冬の公園の片隅で、裸木のサクラが黒々とした幹から力強く小枝を伸ばしている。枝先の米粒大の芽はこの先の寒中を持ちこたえ、花を咲かせるのは疑いようもないことだ。冬の木の芽に共通するのは、おのずと備わった性質そのままに、ただ黙々と成すべきことを成し、あるべき姿を表さんとしていることである。

 さて、年が改まっての新年、確かに気持ちに改まった感はあっても、この世はどう改まるのか。漠とした不安はぬぐえないどころか、増すばかりだ。

 倉本聰氏が「3・11」以後の2年半にわたって書きつづった警世の書「ヒトに問う」を再読したが、当たり…

この記事は有料記事です。

残り595文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特攻兵器「回天」の記憶を、父の遺志受け米国で語り継ぐ マイケル・メアさん追悼式参列

  2. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  3. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです