メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

あふれるネットの医療情報 だまされやすいと自覚を

よく見かける医療情報

 医学的な根拠の乏しい情報がインターネット上にあふれている。実際、医療情報サイト「WELQ(ウェルク)」が事実誤認や無断転載した記事を掲載し、昨年11月、公開中止に追い込まれた。正しい情報は病気に立ち向かう「武器」になるが、その見極めは難しい。真偽を判断するにはどうすればいいのか。【庄司哲也】

 「聞いたことがないような薬や治療方法、健康食品について患者から質問を受けることがあまりに多い。そこで、ネット上の医療情報を調べてみたら信頼できない情報があふれていました」と、語るのは国立がん研究センター中央病院(東京・築地)で呼吸器内科医として勤務する後藤悌(やすし)さんだ。

 後藤さんは2007年、ネット大手の検索サイトで「肺癌(がん)」と打ち込み、示される上位50サイトを調べた。情報の真偽を、専門の「進行性非小細胞肺がん」の治療内容について、エビデンス(科学的根拠)に基づいているかで評価したところ、正しい情報を記載しているサイトは半数以下だった。さらに11年にも上位30サイトについて調べると、信頼できる情報は5サイトにとどまった。また、代替療法を唯一の治療と紹介した…

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元の世界に逆戻り? 飛行機満席、渋滞30キロ以上 混雑した4連休

  2. 新型コロナで「中国に責任を取らせなければ」 トランプ氏 国連総会演説

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 「刑務所に入れられても闘う。それが恩返し」 香港りんご日報創業者が語った決意

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです