メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五耀會

インドで舞う 日印の伝統芸能、コラボ

「タブラ」(左端)と「シタール」(右端)の調べに乗せて、インドの伝統舞踊「カタック」の舞踊家と一緒に演舞する「五耀會」のメンバー=インド・ニューデリーの「チンマヤ・ミッション」ホールで2016年12月10日

 日本舞踊の実力者5人で構成する「五耀會」が、インドの伝統芸能とのワークショップ(WS)とその成果を示す発表会が昨年12月、インド・ニューデリーで行われた。国際交流基金の招きで実現したもので、「五耀會」として初の海外での活動となった。日印の貴重な文化交流の場となり、成功裏に終わったWSと発表会の様子を報告する。【佐藤岳幸】

この記事は有料記事です。

残り4045文字(全文4207文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです