五耀會

インドで舞う 日印の伝統芸能、コラボ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「タブラ」(左端)と「シタール」(右端)の調べに乗せて、インドの伝統舞踊「カタック」の舞踊家と一緒に演舞する「五耀會」のメンバー=インド・ニューデリーの「チンマヤ・ミッション」ホールで2016年12月10日
「タブラ」(左端)と「シタール」(右端)の調べに乗せて、インドの伝統舞踊「カタック」の舞踊家と一緒に演舞する「五耀會」のメンバー=インド・ニューデリーの「チンマヤ・ミッション」ホールで2016年12月10日

 日本舞踊の実力者5人で構成する「五耀會」が、インドの伝統芸能とのワークショップ(WS)とその成果を示す発表会が昨年12月、インド・ニューデリーで行われた。国際交流基金の招きで実現したもので、「五耀會」として初の海外での活動となった。日印の貴重な文化交流の場となり、成功裏に終わったWSと発表会の様子を報告する。【佐藤岳幸】

この記事は有料記事です。

残り4045文字(全文4207文字)

あわせて読みたい

注目の特集