メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォード計画撤回

強まるトランプ介入 GMも標的に

 米自動車大手フォード・モーターは3日、メキシコでの工場建設計画を撤回すると発表した。国内雇用を最優先するトランプ米次期大統領が選挙中から厳しく批判しており、圧力に屈した格好だ。トランプ氏は同じくメキシコに生産拠点のある米ゼネラル・モーターズ(GM)を次の標的に定めたが、過剰な介入は自動車の値上がりを招き、かえって米経済にマイナスに働く恐れがある。

 「フォードはグローバルな自動車メーカーだが、本拠地は米国だ」。フィールズ最高経営責任者(CEO)は…

この記事は有料記事です。

残り1770文字(全文1995文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. 県産キャビア、モナコ公室御用達に 20グラム2万円 ウオッカも販売 /宮崎

  4. 関電金品受領問題 後任社長人事にも影響 調査次第で「候補者全滅」も

  5. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです