メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

由利高原鉄道

秋田の売店「まつ子の部屋」 恋愛相談も

ホームで掲げる旗を手にする佐藤まつ子さん=由利本荘市の矢島駅で

売店「まつ子」でリラックス

 秋田、山形両県にまたがる名峰・鳥海山(標高2236メートル)を仰ぎ見ながら走る由利高原鉄道。終着駅の矢島駅(由利本荘市)で降りて改札を抜けると、「その場所」はある。

 「まつ子の部屋」。近所に住む佐藤まつ子さん(69)が営む売店だ。あの「大物有名人」を連想させる名前だが、品のよさが漂い、着物姿でてきぱきと動き回る。間違っても「おばあちゃん」と呼べないオーラを放つ。

 初対面のあいさつ後話を聞こうとすると、「お嬢さん、笑顔が少ないよ。明るくしないとだめ」「彼氏はいるの?」などと矢継ぎ早に切り出され、終始まつ子さんペース。こうしたさっぱりした人柄に魅了され、全国からファンがやって来るという。

この記事は有料記事です。

残り1028文字(全文1337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです