メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関東大震災

軍港横須賀の被災空撮写真 旧海軍関係者保管

屋根が壊れ、背後で大規模な崖崩れが起きた旧海軍横須賀鎮守府本庁舎(中央上方の白っぽい壁の建物)。震災6日後の1923年9月7日撮影と推定される=写真集「関東大震災-未公開空撮写真」より

 1923年の関東大震災の発生直後に軍港横須賀の被災状況を空から撮影した珍しい写真が見つかった。横須賀市自然・人文博物館(神奈川県)の元主任学芸員、蟹江康光さん(75)が、旧海軍関係者の遺族から譲り受けた。軍施設が集中する「要塞(ようさい)地帯」で、撮影が法律で厳しく制限されていた横須賀中心部の震災直後の空撮写真はほとんど見つかっておらず、大震災の教訓を継承する貴重な資料と言えそうだ。【飯田和樹】

 蟹江さんは、当時の飛行記録などを頼りに写真を探し、「極秘」の印がある旧海軍の震災写真帳「第2集」を…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 台湾とソロモン断交 外交関係16カ国に 中国、再選狙う蔡総統揺さぶり

  3. ORICON NEWS 松岡茉優、インスタフォロワー数に悩み「ちょっと足りないかなあ」

  4. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  5. 甲斐野の温情登板、裏目 追い上げ届かず八回コールド 工藤監督「全員で向かっていく」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです