メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ていねいな草むしりの仕事ぶりが評判を呼んでいる=前橋市内で2016年12月8日

中高年の起業で地域課題を解決

 私の仕事は、俗に言うところの3Kです。きつい、汚い、危険。でも、私が思う草むしりの3Kは、きれいになる、感謝される、気持ちいい、の3Kです。いま私は、群馬県の関越自動車道前橋インターを中心に半径5キロの範囲で、お庭の「困った」を解決しています。群馬県でも高齢化は急速に進み、都市部での空き家、遊休地が増えています。昔は庭いじりが好きだった人が高齢になり足腰が弱くなってしまったための依頼が多数を占めます。また、都会に出てしまったご子息からの依頼も多く、空き家はもちろん、一人暮らしの親が住む実家のお手入れなど需要は年々増えています。

 その私が草むしりを職業として生きる覚悟を決めたのは、今から8年前、44歳の時に「草むしり.com」…

この記事は有料記事です。

残り1038文字(全文1369文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです