メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヨルダン大使の桜井氏は岐阜高卒

 国土交通省では、元事務次官の本田勝氏(東大法76年運輸省)が県立岐阜高を出ている。新潟県副知事を務める寺田吉道氏(東大法89年運輸省)は岐阜市出身、内閣官房国土強靭化推進室審議官の河村正人氏(東大法79年建設省)は本巣市出身でともに岐阜の卒業生だ。都市局技術審議官の広瀬隆正氏(東工大工81年建設省)は各務原市出身で県立加納高卒。海上保安庁海洋調査課長の長屋好治氏(京大理86年海保庁)は大垣市出身で県立大垣東高を出た。同庁海洋情報課長の矢吹哲一朗氏(東大院理91年海保庁)は各務原市出身で加納の卒業生だ。

 人事院では公平審査局首席審理官の役田平氏(東大法94年人事院)が高山市出身で県立斐太高卒だ。内閣府…

この記事は有料記事です。

残り1232文字(全文1551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 死者40人、不明19人に 毎日新聞まとめ

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

  5. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです