メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
毎日フォーラム・ファイル

日露首脳会談 共同経済活動の交渉開始で合意

共同記者会見に臨む安倍晋三首相(右)とロシアのプーチン大統領=首相公邸で2016年12月16日

北方領土進展なし 声明「平和条約への一歩」

 安倍晋三首相とロシアのプーチン大統領が昨年12月15、16両日行った首脳会談は、北方領土(歯舞群島、色丹島、国後島、択捉島)における共同経済活動の交渉開始では合意したものの、領土問題の解決にはほど遠い結果に終わった。会談後のプレス向け声明では「平和条約への一歩」と明記され、今後の日露関係の進展に希望をつないだが、「解決には困難な道が続く」と首相も認めざるを得ない状況で、局面の打開に向けて日本政府は戦略の練り直しが迫られる。

 安倍・プーチン両首脳の会談は通算16回目で、日本にとっては首脳同士では異例の多さだ。ともに長期で安…

この記事は有料記事です。

残り2293文字(全文2578文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです