メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日フォーラム・ファイル

都市農地 間近に迫る「2022年問題」

小学校の前に広がる生産緑地=埼玉県蕨市で2016年12月15日

生産緑地指定から30年経過で利活用制限はずれる

 高齢人口比率の上昇率が地方都市より大都市で高くなろうとするなど、少子高齢化は、その影響が地方より大都市部で顕著になろうとしている。高齢化社会を見据えた都市政策が本格的に問われる段階に入ったことになる。その中で大都市部の土地利用のあり方に大きなインパクトを与えかねないのが、都市農地の利活用制限の歯止めがなくなる「2022年問題」だ。

 東京、名古屋、大阪の三大都市圏の市街化区域内にある農地は1991年に、農地として保全する生産緑地と…

この記事は有料記事です。

残り2309文字(全文2549文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井放送の87歳元社長逮捕 帰宅途中にひき逃げ容疑「物を踏んだと思った」
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  4. 話題 百田尚樹さんの「日本国紀」批判で出版中止 作家が幻冬舎を批判
  5. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです