メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スピードスケート

女子 押切、我慢のシーズン 左脚の負傷回復に時間

全日本選手権の2種目めの3000メートルで3位に入り笑顔を見せる押切(右)。翌日の2種目も奮闘し、総合で2位に入った(中央はこの種目1位の高木美帆、左は同2位の佐藤綾乃)=北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで2016年12月20日、手塚耕一郎撮影

 スピードスケートの全日本選手権(昨年12月、北海道・帯広)で、2014年ソチ五輪女子代表の押切美沙紀(24)=富士急=は左脚の痛みを抱えながら、高木美帆(日体大)に次いで総合2位に食い込んだ。昨季は高木美とともにワールドカップ(W杯)団体追い抜きで日本の11季ぶりの総合優勝に貢献したが、今季はケガが癒えず苦しんでいる。当面はリハビリに専念。来年2月の平昌五輪も見据え、じっくりと再浮上の時を待つ。

 押切は昨夏のトレーニングで滑走した際に転倒し、左股関節を負傷した。「結構なスピードで転んだ」という…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1040文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです