メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト

文化財に潜む危険 保護団体、途上国住民に啓発

屋根にアスベストが使われているミャンマー・モーラミャインの第1バプテスト教会=高橋謙教授提供

 発展途上国などで今も使われているアスベスト(石綿)の危険性について、歴史的建造物などの修復の機会を利用して地元の人々を啓発する活動を、世界の文化財保護に取り組む民間団体「ワールド・モニュメント財団」(WMF、本部・米ニューヨーク)が始めた。住民に身近な文化財を題材にすることで、石綿の危険性への理解が深まり、使用禁止につなげる狙いだ。

 昨年11月中旬、ミャンマー東部の都市モーラミャイン。19世紀に米国人宣教師が設立した「第1バプテス…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです