メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

広島県呉市(長編アニメ「この世界の片隅に」) 「『この世界の片隅に』を支援する呉・広島の会」 大年健二代表

 「この世界の片隅に」は内容の奥深さとともに、約70年前の呉・広島が見事に再現されているのが素晴らしい。片渕須直監督が何度も現地調査され、「支援する会」も手助けしてきただけに、映画が好評なことにうれしさもひとしおです。今まで庶民の視点から、戦争とその下での日常生活を描いたものはあまりなかった。「この世界~」は、戦争体験の継承としても第一級の作品ではないかと思います。

 呉には年間100万人近い観光客が訪れる「大和ミュージアム」(市海事歴史科学館)があり、呉で建造された戦艦「大和」に関する資料などを展示しています。「大和」のテーマが“技術・ハード”であるのに対し、「この世界~」は“生活・こころ”と好対照をなしており、呉の観光の幅が広がると思います。

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文538文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SNS嫌がらせ投稿「利用停止を」事業者団体が緊急声明 木村花さん死去受け

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 東京の感染者、新たに10人確認 50人以下は21日連続

  5. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです